2021年2月18日

鉄スクラップ 国内価格が再び上昇 輸出に先高観 なお続伸含み

 電炉主原料の鉄スクラップの国内価格が再び上昇している。電炉大手の東京製鉄は、17日から国内全5拠点で鉄スクラップの買値をトン当たり1000―2000円引き上げた。同社が全拠点で買値を引き上げたのは昨年12月22日以来、約2カ月ぶり。中国の旺盛な鉄鋼需要を背景にアジアの鉄スクラップ需給が引き締まっている。日本からの輸出価格の先高観はなお強く、国内価格もさらに上がりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)