2021年2月22日

日本産鉄スクラップ輸入 H2提示価格4万500円 現代製鉄、大幅引き上げ

商社などによると、韓国・現代製鉄は18日の鉄スクラップ輸入入札で、日本側に対し主要品種のH2でFOBトン4万500円を提示した。1月28日の前回実施分からトン当たり5500円高い。提示価格は新断が同4万5500円(前回比6500円高)で、HSとシュレッダーがそれぞれ同4万4500円(同5500円高)だった。中国の鋼材需要の回復などからアジアの鉄スクラップ需要が高まり、提示価格を大幅に引き上げた。ただ国内は先高観が根強いことから「この価格では少し安い印象。成約は難しいだろう」(商社)とみられている。

おすすめ記事(一部広告含む)