2021年4月16日

国内相場 鉄スクラップ続伸 中国ビレット需要が牽引

国内の鉄スクラップ相場が続伸した。中国の旺盛なビレット需要が、原料となる鉄スクラップ相場をけん引。電炉大手の東京製鉄が15日に全拠点で鉄スクラップの購入価格をトン当たり1000―1500円上げるなど、国内電炉の値上げにつながった。特に東鉄はホットコイルなど鋼板類を主力とする田原工場の特級(指標品のH2に相当)購入価格が全拠点で最も高く、トン4万4000円に上げており、関東などからも中部向けの鉄スクラップ出荷が進みそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)