2021年10月19日

鉄スクラップ 大阪地区相場が続伸 電炉 製品再値上げ「不可避」

 大阪地区の鉄スクラップ相場が先週末までに続伸した。電炉生産の回復に伴って鉄スクラップ需要が夏場に比べて大幅に増え、需給が引き締まっている。一方、新型コロナウイルス禍で建築需要は盛り上がりを欠き、原料高を背景にした価格転嫁の動きは鈍りつつある。ただ、原料高に副資材価格や電力料金の上昇なども重なり、下期での巻き返しを図ろうとするメーカー各社の収益がさらに圧迫されて再値上げが「不可避」となりそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)