2021年12月21日

大阪相場 鉄スクラップ下げ圧力 上級品の入荷高水準

大阪地区鉄スクラップ相場への下げ圧力が続いている。12月10日以降、相場の下落に歯止めがかかっていない。他地区や輸出価格より高値で推移する中、上級品種を中心にメーカー入荷が高水準で需給が緩み急ピッチの下落となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)