2022年1月25日

大阪相場、鉄スクラップ一段安 輸出価格上昇 先安不安後退へ

 大阪地区の鉄スクラップ相場が一段安となった。メーカー在庫が高水準で推移しており、下押し圧力がかかっている。ただ、韓国向けを中心とした輸出価格の上昇などから市中では「底値圏に入ったのでは。市場の先安不安は徐々に後退していくだろう」(ヤード筋)とみている。

おすすめ記事(一部広告含む)