2022年1月11日

鉄スクラップ相場 大阪、下落スタート 需給緩和解消されず

大阪地区鉄スクラップ相場は下落スタートとなった。地場電炉各社はスクラップ在庫を積み上げた状態で年末年始を迎え、メーカーによっては入荷や在庫状況に応じて購入品種や数量を制限している。「例年なら需給が引き締まる3連休前後も買い意欲は低い」(流通筋)など昨年12月からの需給緩和が解消されておらず、年明け直後から下押し圧力がかかっている。

おすすめ記事(一部広告含む)