2020年6月26日

鉄スクラップ相場、関東2カ月半ぶり反落

関東鉄スクラップ相場が25日、約2カ月半ぶりに反落した。前日からの下げ幅はトン当たり500円。5月下旬から関東電炉メーカーの鉄スクラップ買値が続伸していたが、先行高で推移していた湾岸価格を追い越したことで、メーカーへの入荷量が回復し、入荷調整を図るためにメーカー側は買値を引き下げる格好となった。

おすすめ記事(一部広告含む)