2022年6月3日

中部相場 鉄スクラップ続落

中部地区の鉄スクラップ相場は続落した。2日から三河地区電炉2社を除く域内主要電炉5社がトン1000―1500円の値下げを実施したためで、5月の相場反落からのメーカーの値下げ幅はH2で同8500―9500円、新断で同8500―1万500円となった。一部特殊鋼メーカーで減産も見られる中、一部普通鋼メーカーで新断の値下がり幅が大きくなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)