2022年6月8日

新英金属、廃プラ100%再資源化 パレット事業開始

 大手金属リサイクル業の新英金属(本社=愛知県安城市、金子豊久社長)は8日、ゼロエミッション推進と産業廃棄物排出量削減を目的に、発生した廃プラスチック(PE)を再生資源として活用し、再生材を利用したリサイクルパレット事業を開始したと発表した。これにより同社はPEの100%再資源化を実現。循環型社会へ貢献しながら、自社での資源の循環と廃棄物排出量の削減も加速、実現していく。

おすすめ記事(一部広告含む)