2022年6月10日

関東鉄スクラップ市況 続落も下げピッチ緩和

関東地区の鉄スクラップ価格が9日、電炉メーカーを中心にトン当たり500円続落した。ウクライナ危機による鉄鋼供給不安が春以降に解消されつつあることや、中国のロックダウンによるアジアの鉄スクラップ需要減が、1カ月以上にわたって市況を下押ししている。ただし電炉メーカーに先行して買値を下げていた輸出業者は6月に入って買値を据え置いており、相場の下げピッチは緩みつつあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)