2022年6月22日

JFE 全地区DRP実装完了 スクラップ利用拡大

JFEスチールは21日、環境調和型の転炉溶銑予備処理プロセス「DRP(ダブルスラグリファイニングプロセス)を2021年に全地区で実装完了し、鉄スクラップ利用を拡大、転炉での溶銑配合率を従来プロセスの90%から82%に低減した、と発表した。これにより21年度実績では年間のCO2排出量を約17万トン削減した。

おすすめ記事(一部広告含む)