2009年12月22日

JFEスチール、倉敷第3高炉再稼働 2月中旬

 JFEスチールは21日、西日本製鉄所(倉敷地区)第3高炉の改修工事を来年2月中旬めどに完了し、火入れすると発表した。

 得意とする自動車向けなどの高級鋼受注が比較的高水準で推移し、今後もアジアを中心とした高級鋼需要が増大すると判断。同4月に予定していた改修工事を前倒しで完了させて操業を再開し、安定供給に最適な高炉操業体制を構築する。

おすすめ記事(一部広告含む)