2022年7月12日

鉄スクラップ 中部地区1000―1500円続落

 中部地区の鉄スクラップ相場は、9日からトン1000―1500円値下がりした。定修を伴う夏季減産期に入ったことや、自動車生産の回復遅れにより半製品在庫などが高水準で推移する特殊鋼メーカーの需要低減が顕著で、新断の値下げ幅が大きく取られる状況が続いており、新断とH2の値差は約1カ月で3500円程度縮小し、約3000円となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)