近代日本の伸銅業 ―水車から生まれた金属加工「かんざし」から「戦艦」まで

水車の伝統技術と金属加工技術が
融合して生まれた伸銅業。
明治時代の産業革命の一翼を担い、
ものづくり産業の礎を築いたその歴史を、
多くの資料をもとに解き明かした初の書籍。

内容のご紹介
目次
第1章 伸銅技術の源流
 Ⅰ 幕政下の銅精錬と流通
 Ⅱ 真鍮吹のはじまり
 Ⅲ 近世の銅細工人
 Ⅳ 中国山地のダイス伸線

第2章 水車伸銅の創始
 Ⅰ 京都の水車伸銅 ―白川・鞍馬・高野・宇治田原―
 Ⅱ 大阪の水車伸銅 ―枚岡・北摂―
 Ⅲ 東京の水車伸銅 ―目黒・渋谷―
 Ⅳ 埼玉の水車伸銅 ―膝折―
 Ⅴ 初期伸銅工場の経営分析 ―津田針金工場を事例として―

第3章 明治前期の銅業界と博覧会
 Ⅰ 三都の銅物問屋と組合
 Ⅱ 京阪・東京間の流通事情
 Ⅲ 内国勧業博覧会と伸銅業

第4章 近代伸銅工場の誕生
 Ⅰ 初期の官公営工場 ―造幣局・伏見製作所―
 Ⅱ 国内初の伸銅会社 ―大阪製銅―
 Ⅲ 伸銅会社の群立 ―大阪・京都―
 Ⅳ 大阪の銅業者と諸事業 ―銀行・保険・取引所―
 Ⅴ 朝鮮貨幣と大阪製銅
 Ⅵ 大阪製銅の分裂と解散

第5章 伸銅業の成長期
 Ⅰ 明治後期の伸銅業 ―大阪・京都・埼玉・東京―
 Ⅱ 伸線工場の経営分析 ―枚岡村・向井工場を事例として―
 Ⅲ 電線工場の経営分析 ―京都・津田工場を事例として―
 Ⅳ 大正期の伸銅業

近代日本の伸銅業 ―水車から生まれた金属加工 <内容>
08年12月発行
A5判 356貢
価格:本体4,000円+税(送料実費)
編集・発行 産業新聞社

産業新聞社が発行する書籍
産業新聞発行の書籍一覧