2014年1月24日

武漢鋼鉄、防城港で高炉着工へ

 中国の武漢鋼鉄集団は、華南地区の広西チワン族自治区に建設中の防城港製鉄所で、2014年に年産能力500万トンの高炉の建設に着手する。16年稼働を予定。17年に第2高炉を完成させ合計1000万トンの能力を持つ。宝鋼集団も広東省で同規模の製鉄所を15年末に稼働させる計画。両製鉄所とも自動車向けなど高級鋼を製造する。華南地区での販売競争が激化しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)