2014年4月8日

宝山鋼鉄、車用鋼板能力を増強

 中国の宝山鋼鉄は、自動車用鋼板の生産能力を増強する。中国の自動車生産台数が2018年に3000万台と13年比4割近く増える予測を元に広東省で建設中の湛江製鉄所中心に鋼板の供給量を増やす。「現状の自動車向け鋼板のシェア50%を18年時点も維持する」(王静副総経理)。中国の自動車メーカーの海外進出に対応し、海外での鋼板工場の建設も検討。国内外で供給体制を強化し、日系や欧米系など外資系自動車向け含め国際的に増える高級鋼市場を取り込む構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)