2014年4月9日

東部製鉄、仁川工場の売却加速

 韓国最大の電炉ホットコイルメーカー・東部製鉄は、当面の自社再建対策として仁川工場と東部発電唐津などの売却を加速させる。すでに仁川工場は、東部仁川スチールとして別会社化されている。管理している国営銀行・産業銀行は、POSCOに20%―30%の出資と東部発電開発の優先交渉権の付与を提案している。POSCOは、権五俊会長態勢下で、財務改善を最優先課題にしているため、流動的だが近く結論を出す。

おすすめ記事(一部広告含む)