2014年4月30日

ベトナム強制規格に不備 日系鉄鋼業が手続き混乱懸念

 ベトナム政府が輸入鋼材に対する強制規格を6月1日から適用することについて、現地の日系鉄鋼企業の間で手続きの混乱が懸念されている。鉄鋼メーカーが事前に各工場で認証を取得し、現地到着貨物のサンプル検査を受ける必要があり、制度開始に対応が間に合うか疑問視されている。サンプル検査方法や費用など運用面で不明瞭な点が多く、日本からの輸出の遅れや費用負担など関係企業だけでなく、需要産業にも影響が及びかねない状況だ。

おすすめ記事(一部広告含む)