2015年4月2日

中国鋼材需要、一転減少 15年7億トン

 中国の鋼材需要と粗鋼生産量は2015年に減少に転じ、その後も減り続ける見通しだ。政府系機関の冶金工業規画研究院が15年の鋼材需要を前年比0・3%減7億トン、粗鋼生産量を1・1%減の8億1400万トンと予測。中国経済が中速成長に移っており、鋼材需要は25年に6億3000万トンに減ると試算した。企業の低収益から投資が縮小し、環境規制も生産と投資に影響する見通し。拡大を続けてきた中国の鉄鋼業は調整期へと明確に移行したようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)