2015年10月22日

中国の日系コイルセンター、OA向け加工賃が改善

 日系の鉄鋼メーカーや商社の間で海外現地拠点からの販価体系を見直す動きが広がっているが、複数の関係者によると、中国で日系コイルセンターのOA向け加工賃エキストラが7月から小幅ながら値上がりしたことが分かった。対象となるのはシートカットなどの2次工程分。商社や現地CCが、高炉メーカーの支援を受け、OAメーカー本社や中国現地工場と昨年来、交渉を進めていたが、人件費の上昇、元安に伴う物価上昇、鋼材加工貿易制度の優遇税制の廃止などの環境変化が進む中、一定の理解を示した格好だ。

おすすめ記事(一部広告含む)