2016年12月13日

中国廃鋼鉄応用協会 鉄スクラップ5カ年計画、使用率20年に20%目標

 中国廃鋼鉄応用協会は鉄スクラップ産業第13次5カ年発展計画(2016―20年)をこのほど定め、鉄鋼企業による鉄スクラップ使用量の大幅な増加を目指す。粗鋼生産1トンに対する鉄スクラップ使用率(配合比)を20年に20%と15年の10%から引き上げる。中国の粗鋼生産は20年に7億―7億5000万トンに減る予想だが、鉄スクラップ消費は1億―1億5000万トンに増える。鉄スクラップ発生量1億6000万トンで充足可能とみている。

おすすめ記事(一部広告含む)