2014年1月30日

POSCO、高付加価値品を拡販 競争力を高め収益改善

 韓国のPOSCOが28日発表した2013年決算によると、鉄鋼事業の連結純利益は1兆4490億ウォン(1434億円)と、前年比35・5%減った。14年は収益改善を前面に掲げ、韓国内鋼材シェアを44%に前年比1ポイント引き上げることで支配力を強化する。海外事業の収益改善を進めるなど、子会社の営業利益率を前年の0・7%から1・5%に改善する。コスト削減や投資抑制で負債削減などの財務体質改善も進め、競争力を強化する。

 自動車、エネルギーなど収益性の高い事業分野向けの売上高比率を、14年は43%と前年の41%から引き上げる。15年は47%、16年は48%と比率を高め、高付加価値製品の拡販を通じて収益改善を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)