2019年5月28日

中国電炉製鋼科学発展会議 電炉導入の機運高まる

 中国で電炉導入の機運が増している。中国金属学会が24―25日に第2回中国電炉製鋼科学発展会議(北京市)に鉄鋼企業関係者など500人強が参加。政府の電炉促進政策や鉄鋼大手の電炉利用の実態、最新の電気炉技術に関心が集まった。発生が増大する鉄スクラップの消費と大気汚染物質排出削減のために電炉への転換を政府が奨励しており、環境対策と事業の成長に向けた電炉導入が加速しそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)