2019年5月28日

宝武集団がカンボジアに傘下高炉移設を検討

 中国宝武鋼鉄集団は中国西北部の新疆ウイグル自治区に持つ高炉のカンボジアへの移設を検討している。現地メディアの世界金属導報などが先週末に報じた。2017年に閉鎖した傘下の八一鋼鉄南疆鋼鉄拜城の高炉2基(合計年産能力310万トン)と転炉2基を19年末に移設する。建設需要が急増するカンボジアで休止設備を有効活用し、市場を獲得する狙いとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)