2020年2月6日

中国の鋼材先物と鉄鋼株価、わずかに持ち直す

 春節(旧正月)休暇明け3日に急落した中国の先物鋼材価格と鉄鋼株が翌4日にわずかに持ち直した。先物価格は5日も上昇。鉄鋼最大手の宝武鋼鉄集団は上場子会社の宝山鋼鉄股份の株式購入を4日に発表し、株価を支える意志を示した。新型肺炎の経済への影響が懸念されるものの政府や大手企業が対策の手を打ち、春の需要期に向けて市場が上向く見込みから投資家の心理が早くもポジティブに傾き始めたようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)