2020年2月27日

中国鉄鋼市場、春先不透明感強まる 

「地方からの出稼ぎの『農民工』が都市に戻らず、建設工事がまったく動いていない」(上海の日系鉄鋼関係者)。中国の鉄鋼市場は政府の新型コロナウイルス対策で人の移動が制限され、春節(旧正月)後もインフラや不動産の建設が止まったまま。鋼材の荷動きは鈍く、市況は先週も下がり続けた。一方で原料の鉄鉱石価格はジリジリと上昇。鉄鋼企業は鋼材の販売価格の維持に努めつつ、動きだしの時期と規模が不透明な春の需要を待つ構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)