2020年4月7日

中国 鋼材荷動き 建設中心に活発化

新型コロナウイルスの感染が収束しつつある中国で鋼材の荷動きが建設分野中心に活発化してきた。鉄鋼企業が減産を行っていることもあり、過去最も高く積み上がっていた鋼材在庫が市中、製鉄所ともに3月末にかけて減少傾向を鮮明にした。一方で欧米向けなど輸出産業の停滞が続き、製造業の回復が遅れ、需給の調整は産業別や地域によってばらつきがみえる。政府の景気対策を見込んだ仮需が建設機械などで発生しており、需要の復調時に起こりかねない鉄鋼増産への警戒心が広がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)