2020年11月5日

中国、鋼材市中在庫が大幅減 10月下旬 春節明け以降最低

中国の鋼材市中在庫が10月下旬に大きく減少し、春節(旧正月)が明けた2月上旬以降の最低となった。条鋼類が大幅に減り、中旬まで増えていた鋼板類も減少に転じた。冬場前の建設の駆け込み工事や長江沿いの洪水災害の復旧工事が影響したとみられる。需給が調整され、9月に一時軟化した鋼材市況は10月に持ち直した。需要は高水準を保ち、粗鋼生産は環境規制で一部抑制される見通しから昨年同様、年末に向けて在庫の減少が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)