2022年5月6日

印JSPL 粗鋼能力5000万トン超へ 31年めど

 インド鉄鋼大手のジンダルスチール&パワー(JSPL)は粗鋼生産能力を現在の900万トンから2031年度までに5000万トン以上に引き上げる計画だ。投資額は約2兆ルピー(約3兆4000億円)。印東部か東南部に600万トンの新製鉄所を建設する他、31年度までに東部オディシャ州の製鉄所の能力を2520万トン、東南部チャッティーシュガル州の製鉄所を1260万トンに増やし、25年度までに南東部アンドラプラデシュ州で600万トンの製鉄所を稼働させる。現地紙ファイナンシャル・エクスプレスが28日に報じた。
おすすめ記事(一部広告含む)