2022年7月12日

中国、鋼材市況再び下落 天候影響 需給調整遅れも

 中国の鋼材市況が再び下落した。夏場の不需要期の中で新型コロナウイルスの感染拡大から上海などで再び都市封鎖が行われる観測が広がり、市場の心理が冷えている。原料価格の下落も作用したとみられている。鉄鋼メーカーは生産を減らし始め、インフラ整備や自動車販売促進策など政府の景気対策によって需要は徐々に回復に向かう見通しだが、南部で大雨が続くなど天候の影響で需給の調整は遅れそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)