2022年12月9日

鉄スクラップ 中国価格2000円強上昇 物流制限・寒波で発生減る

【上海支局】中国の鉄スクラップ価格がジリジリと上がり、直近ボトムの11月初めから1カ月でトン2000円強上昇した。冬季が近づき、鉄鋼メーカーが在庫を積み上げ始めたが、新型コロナウイルス対策による物流制限と寒波の影響で発生・回収が減少している。鋼材市況が反転して上がったことも影響した。鉄鋼メーカーは調達量を増やそうと購入価格を引き上げるが、収益との兼ね合いで小幅の調整にとどまると業界団体の中国廃鋼鉄応用協会は予想している。
おすすめ記事(一部広告含む)