2022年12月21日

現代製鉄の対日入札 鉄スクラップ、H2価格 半年ぶり5万円台乗せ

商社などによると、韓国・現代製鉄は20日に2週連続で対日鉄スクラップ輸入入札を実施し、指標品種となるH2の価格をトン当たり5万円(FOB=本船渡し)と提示した。前回から1000円高い。5万円台に乗せるのは6月9日の実施以来約半年ぶり。鉄スクラップの国際価格の上昇を映した。関東湾岸価格(20日時点)と同水準の提示価格だった。年末年始は日本国内の鉄スクラップ流通が鈍るうえ相場に先高観が台頭しているため、日本側が積極的に応札するかは不透明だ。
おすすめ記事(一部広告含む)