2009年1月15日

銅・雑品スクラップ、中国向け輸出堅調

 銅、雑品スクラップ輸出が中国業者の引き合いを背景に年初から堅調に推移している。とくに鉄主体の雑品は需要が強い。銅スクラップは天津向けの雑電線輸出が活発になっている。

 ただ、銅スクラップの引き合いは先高観測による思惑買いがあるとの指摘もあり、急速に冷え込む懸念もある。銅、雑品とも中国向け輸出は月末の旧正月休暇を見据えて来週あたりから停滞するが、旧正月後の動向に注目が集まる。

おすすめ記事(一部広告含む)