2009年1月20日

住友電工とパナソニック、共同で鉄道輸送

 住友電気工業は19日、パナソニックとの共同モーダルシフトを発表した。大阪と栃木の両社グループ拠点間で、31フィートコンテナを使った共同ラウンド輸送を、昨年12月から開始した。

 住友電工は電線の導体材料となる銅伸線を、パナソニックは液晶テレビを鉄道輸送する。両社で年間200トンのCO2排出量削減が期待できる。

おすすめ記事(一部広告含む)