2010年6月3日

LS電線、韓国勢初の海底線出荷 珍島-済州間

 韓国最大の電線メーカー、LS電線は1日、東海工場(江原道東海市)が海底電力ケーブルを初出荷したと発表した。珍島―済州間を結ぶ105キロメートル区間の海底直流送電プロジェクト向けで、今月から敷設開始する。LS電線は韓国で初めて電圧250キロボルト級の海底直流送電ケーブルを国産化、東海工場で09年9月に量産を始めた。

おすすめ記事(一部広告含む)