2011年10月12日

サミット昭和アルミ、下期生産 微増

 サミット昭和アルミ(本社=大阪市淀川区)は、下期(10―3月期)のアルミ二次合金生産量を、前年同期比微増の6万2000トンと見込む。通期は、上期の落ち込みが大きかったため、前年比6%減の11万5000トンとする。

おすすめ記事(一部広告含む)