2012年3月29日

保定隆達アルミ、上海証取上場めざす

 大手脱酸剤メーカー、日本金属(東京・新橋)が40・38%を出資する中国の大手アルミ二次合金メーカー、保定隆達アルミ(河北省保定市)は、上海証券取引所(SSE)A市場への株式上場を目指す。すでに上場申請に向けて調査を進めており、上場の時期は2017年以降となる見通し。上場により資金調達力を大幅に強化し、自動車部品産業への新規参入を図る方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)