2012年9月3日

低銀・無銀はんだ、中国で採用進む 現地メーカー独自開発

 鉛フリーはんだ中の銀成分を減らした低銀はんだや無銀はんだが、最大消費地の中国市場で普及している。現地のはんだメーカーがコスト優先のニーズを受け独自開発したもので、日本国内を上回るペースで採用が進み、低銀化は世界的な潮流となってきた。ただし、開発を急ぐあまり実装技術が未確立のものも多く、はんだの品種多様化にも拍車を掛けており、品質保証面を懸念する声が上がっている。

おすすめ記事(一部広告含む)