2013年3月15日

鈴木産業、特金スクラップ輸入増

特殊金属スクラップ大手の鈴木産業(本社=埼玉県川口市宮町2―14、鈴木浩一郎社長)は、スクラップの輸入割合が上昇している。国内発生の低迷が続く中、航空機産業が好調な米国からの輸入が増え、足元はニッケル系の約8割を輸入。国内の産業構造変化に伴い、従来の発生元は今後も減少が続くとみられており、供給ソースの開拓を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)