2013年4月5日

タンタル内需、16%減 粉末・化合物落ち込む

新金属協会のタンタル部会(部会長=城野裕隆・三井金属レアメタル・機能粉事業部長)はこのほど、2012年のタンタル国内需要を前年比15・8%減の410トンと発表した。粉末と化合物を合計した製錬製品部門は同26・6%減の256トンで、リーマン・ショック後の09年274トンを下回る大きな落ち込みとなった。ターゲット材や板・棒・管を含む加工品部門は同11・6%増の154トンだった。

おすすめ記事(一部広告含む)