2013年4月8日

13年積み国内銅長契、需要家慎重 数量横ばい

国内の大手銅製錬メーカーはこのほど、電線メーカー、伸銅メーカーなどの国内大手需要家と、銅地金の2013年積み長期契約交渉を終えた。契約数量は前年比ほぼ横ばい、一部若干減で、実体経済回復の足取りがまだ鈍い中、需要家側の慎重姿勢を映した。国内自動車生産の回復傾向、電子部材産業の底打ち感など、複数の上振れ期待要因は挙がるものの、現時点では13年の国内銅消費量を12年並みと観測する向きが多い。

おすすめ記事(一部広告含む)