2013年9月9日

JOGMEC、秋田で坑廃水処理実証

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の金属資源技術研究所(秋田県鹿角郡小坂町)は、バクテリアを使い坑廃水処理を行う技術「パッシブトリートメント」の新規実証試験を先月、秋田・大館の休廃止鉱山で開始した。従来試験から規模を拡大し、向こう2年をめどに大型設備や低温環境下での動作を確認する。硫酸還元菌(SRB)による自然浄化で、薬剤や電気、人手のコストを極限まで抑えられる。

おすすめ記事(一部広告含む)