2013年9月24日

レーザー加工、用途拡充へ

金属加工分野におけるレーザー加工の用途拡充が進められている。溶接や微細加工など、これまで熟練工の手によって支えられていた加工をカバーする能力が広がっているほか、油水分を使わない焼鈍や、金属とプラスチックとの異材接合にも有望視されている。国内加工業の海外シフトを食い止めるための切り札として、実用化に向けた可能性が探られている。

おすすめ記事(一部広告含む)