2013年11月7日

丸紅、チリ銅山でプロジェクト・ファイナンス締結

丸紅は6日、チリのアントコヤ銅鉱山開発プロジェクトに関し、総額6億5000万ドル(約640億円)のプロジェクト・ファイナンス契約に調印したと発表した。国際協力銀行(JBIC)のほか、国内外の8金融機関が参加する。総開発費用見込み約19億ドルの34%に相当する。同鉱山は2015年に銅地金の生産を開始する予定で、丸紅は出資比率の30%に相当する、年約2万4000トンの引き取り権を有する。日本の電線・伸銅メーカーの海外製造拠点向けに販売する。

おすすめ記事(一部広告含む)