2013年11月20日

空調用銅管値上げ 被覆材分の転嫁難航

空調用被覆銅管の値上げが一部で難航している。今春の仕様変更に伴い、メーカー各社は難燃タイプへの全面切り替えをすでに完了させているが、被覆材の架橋ポリエチレンの値上がり分を積み残しているメーカーが多い。特に件名先物契約での抵抗が強く、夏のシーズン前に生じていた値崩れが、足元に至るまで響いているようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)