2014年1月31日

廃バッテリー 13年韓国向け14%増

財務省が30日発表した貿易統計速報によると、廃バッテリー(使用済み自動車用鉛蓄電池)の2013暦年の韓国向け輸出量は、前年比13・9%増の8万7069トン、キロ当たりの輸出平均単価は15・7円アップの87・1円に上った。国内業者や政府による有効な対策がないまま、数量、単価ともにピークに達し、鉛リサイクル業の国内空洞化が加速した。

おすすめ記事(一部広告含む)