2014年4月9日

上田金属、黄銅棒自動切断機を導入

伸銅品やアルミ形材の切断加工を手掛ける上田金属(本社=東京・西巣鴨、杉山正治社長)は来月、約1000万円をかけ大宮営業所(さいたま市北区)に黄銅棒用の自動切断機を導入する。形材や銅板の加工仕事が増えているため、黄銅棒専用の設備を増やして作業効率を改善するのが目的。納期短縮による顧客サービスの向上につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)