2015年8月12日

伸銅協会 被覆銅線、国内確保を

 日本伸銅協会はこのほどまとめた銅リサイクル原料の調査報告書の中で、伸銅向けリサイクル原料を安定確保するための中長期的課題として、海外流出している被覆銅線の国内リサイクル増量などが重要だとの見方を示した。このためには、歩留まりが悪い細線の処理に適した設備開発などが重要だと指摘。また、国などがリサイクル市場の需給状況についてモニタリングする仕組みづくりの必要性なども提言した。

おすすめ記事(一部広告含む)