2017年2月6日

電線大手5社、4社営業増益を確保 4―12月期

 国内上場電線メーカー大手5社の2016年4―12月期連結決算が3日にまとまり、フジクラを除く4社が営業利益ベースで増益を確保し、昭和電線ホールディングスは黒字転換を果たした。主な事業概況として、自動車や情報通信関連は需要が総じて好調に推移して業績を押し上げ。ただし、上期は為替が円高に推移し、エレクトロニクスの苦戦も目立った。通期ベースでは、下期になって円安に振れるなど、各社ともおおむね底堅い見通しとなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)